TRI4TH

twitter Facebook Instagram YouTube

news

blog

2014.01.19

「Five Color Elements」のレコメンドを頂きました!

TRI4TH 3rd Album「Five Color Elements」のレコメンドを、chihiRoさん (JiLL-Decoy association)、Kawai Hidehiroさん(Immigrant’s Bossa Band/fox capture plan)、木村イオリさん(bohemianvoodoo)、西崎ゴウシ伝説さん(カルメラ)より頂きました!チェックよろしくお願いします。
 
 
「だからTRI4TH大好きなんだよ。」
思わず声に出してしまいました。
大好きな映画のサントラを聴いてるみたいな幸せな気分。
涙が出るほど美しく、行ったことのない素敵な場所に連れてってくれる、忘れてた喜怒哀楽を教えてくれる。
最後の曲が終わった時、こんな感じでした。
「テーブルの上にはどれも美味しいものばかりで
あっという間に平らげちゃった。」
私の人生の色んなシーンに寄り添ってて欲しいアルバムです。
彼らに出会えて本当によかった。
ごちそうさまー!
chihiRo (JiLL-Decoy association)
 
 
「あら、オシャレ」なんて簡単な言葉じゃ済ませられない。スタンダードなジャズのスタイルを踏襲しつつも、コード進行やTpとSaxのハーモニー、リズム隊のアプローチなどが「今」を踏まえている。温故知新とはこのことか!ハイブリッドなジャズってこれですよ。
楽曲、アレンジ、演奏、すべてが素晴らしくて、もう。。。なにこのズルいアルバム(笑)
勉強になります。
Kawai Hidehiro a.k.a Luigi(Immigrant’s Bossa Band/fox capture plan)
 
 
TRI4THの持つ50〜60’s JAZZ的な一面が、これまでの作品群の中で最も色濃く滲み出ている一枚。
これまで通りアッパーでポップな楽曲の中に垣間見えるハードバップのイディオムが心地良く、どこか懐かしいようでいて、新しい世界を感じさせてくれる。
さらに、これまでのTRI4THのイメージとは一線を画すメロウなナンバーが多数収録されており、その美麗な旋律にまた心打たれる。
幅広い層のジャズファンへ、そして美しい音楽、熱い音楽を求めている人へ、自信を持ってお薦めしたい作品である。
ドライブに、電車の旅に、はたまた、ロックグラスを傾けながら。より洗練されたTRI4THの音楽は、様々な風景にマッチすることだろう。
木村イオリ(bohemianvoodoo)
 
 
僕は単純にTRI4THの大ファンであります。
新作「Five Color Elements」を聞いた。とても良い。今までの作品もすり切れるほど聞きましたが、今回は初のセルフプロデュースというのもあり、踊れるJAZZはもちろんメロウなものからバラードまでと、「5人のFive Colorが集まったら、結果的に何色あるねん!」と今まで以上に幅広くTRI4THのいろんな一面を見る事が出来るます。
きっとTRI4THが純粋に今やりたい事が詰まってるんだろうなと思う。そして、安心していつも通りカッコいいのです。
1st,2ndを聞きまくり、いろんな一面が詰まった今作を聞いた結果、次作は何をやってくれるんだろう?と既に楽しみでなりません。そして間違いなくその期待も彼らは裏切らないのです。
西崎ゴウシ伝説(カルメラ)
 
fivecolor_jac
 
 
Five Color Elements / TRI4TH

01. Session A
02. Volare Via
03. Hervest
04. Everybody Knows That
05. No Window, No Aisle
06. Home
07 Jazzholic
08. Flash By Flashback
09. Last Dancer
10. Hop
11. Hope For World Peace

2013.11.6 Release
MEDIA:[CD]ZLCP0142 ¥1,980(tax in)